ヒデtwoローザンヌです。

今回は安藤誠氏THE ROYAL PROJECT(ザ ロイヤル プロジェクト)についてレビューします。

この案件のウリは「毎月125万円、安定的に稼ぐことが出来る」ということなんですが、果たしてそれは事実なんでしょうか?

安藤誠氏は信頼できる人なのか?

まず、この案件をプロデュースした安藤誠氏について調べてみました。

セールスレターのプロフィールにはこのように書かれています。

学生時代から音楽に明け暮れる日々を過ごす。
レコード会社や音楽出版社での経験を経て、独立。現在は音楽プロデューサーとして、業界でその名を知らない者はいないと言われるほどの超敏腕プロデューサーとして幅広く活躍している。
数々のアーティストやバンドをスターへと変貌させた手腕とその才能あるものをピンポイントで見極めるその目は業界では「鷹の目を持つ男」と呼ばれている。
現在はこの「鷹の目」の能力を生かし芸能界から実業界まで様々な「人」「企業」を成功へと導く超敏腕ロデューサーとして、活躍中。
表舞台で活躍する成功者たちの陰には、必ず安藤がいる。

私は音楽についてはそこそこ興味があるので、その辺から調べてみたのですが、彼の音楽的な功績はどこにも見当たりません。

そんなに有名な方ならば、ネットに出てきそうなものですが出てこないのです。正直、その時点でキナ臭く感じましたね。

また、この案件は権利ビジネスを謳っていますが、動画を見る限りFX案件かと思います。音楽と全く関係ありません。

音楽プロデューサーである安藤誠氏が、なぜFX案件なのか。音楽にかかわる権利ビジネスならともかく、何の脈絡も感じられません。

特定商取引法からの考察

販売会社は株式会社ネクサス。

代表者は小宮正稔氏。

設立が2019年2月となってます。ググってみましたが、そんな会社は検索されませんでした。おそらくこの案件の為だけに設立されたペーパーカンパニーと思われます。

小宮正稔氏についても何も出てこない。今回のプロジェクトで突然出てきた方でしょうね。

こういうケースで意外と多いのが、その方が多重債務者の類であることです。このようなプロジェクトで名前貸しして報酬がもらえる仕事が存在するのですが、多くの場合、その仕事をしているのが多重債務者なのです。

いずれにせよ、実績なしの会社と代表者を信用することはできませんね。

125万円の正体は?

先述したとおり、動画を見る限りこの案件はFX案件だと思います。

それに、典型的なプロダクトローンチ手法を使っています。

メルアド搾取→ライン登録→数回に分けた動画配信・・・本物の情報であればこんなに回りくどいことはしません。

また、FXについては相当多くの案件が存在します。詐欺そのものの案件も多くありますが、良心的で信頼できる案件もあります。FXで稼ぐのはダメということではありません。立派な商取引ですから節度と正しい知識、正しい判断が出来れば十分勝算はあります。

ただ、得てしてこの案件のようなヘッドコピー・・・いかにも「〇〇〇万円稼げる!」ことが保証されているような誇大なヘッドコピー絶対に注意が必要です。

この案件の場合、特定商取引法に基づく表示にも、表現及び商品に関する注意書きに

★本商品に示された表現や再現性には個人差があり必ずしも利益や効果を保証したものではございません。

と記載されています。

ヘッドコピーに釣られてついつい・・・というのは絶対に避けましょう。

まとめ

ハッキリ言います。この案件には手を出すべきではない危ない案件です。

まず、音楽プロデューサーとFXに何の脈絡がないこと。FX、それも海外自動売買システムのようですので、かなりのリスクが伴います。

下手に手を出すと、大損する可能性大です。くれぐれもヘッドコピーに釣られないように。

それでは今回はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。