ヒデtwoローザンヌです。

今回は、倉田正生氏の仮想通貨取引クラプト(CRAPTO)についてレビューします。

仮想通貨で稼ぐことができるのか?

ネットにおけるオファーレーターで主流になっている金融取引モノ。

FX仮想通貨

は、その中でも最もオファーの多いものですね。FXや仮想通貨は立派な金融取引ですから、節度を持って取り組めばそれなりの収益を生むことは可能です。

しかし、オファーレーターで飛び込んでくる案件のほとんどは、ヘッドコピーが誇大でいかにも簡単に稼ぐことができそうな錯覚にとらわれがちです。

もう少し思い切ったことをいわせていただくと、ネットにはびこるこの手のオファーレターの大部分は、「アプリやシステムを売ったらあとのフォローは知らんぷり」というのがほとんど。

そもそも金融取引は損しても自己責任が前提です。

オファーレターの誇大ヘッドコピーについつい釣られてシステムを購入してしまい、こんなはずじゃなかった・・と泣きを見ないように、購入の有無は当ブログを参考に見極めすることをお勧めします。

倉田正生氏とはいったい?

では、レビューの本題に。

まず、倉田正生氏はいったいどんな方なのか気になるところですが、色々と検索しても何も出てこない。想像するに、今回は偽名で登場しているか、はたまた広告塔にされている可能性もあります。

なお、特定商取引法の表示による運営責任者は神谷太一氏。いわゆる傀儡(かいらい)販売か、無料オファー、オプトインアフリエイト用に作為的に捏造している可能性も否めません。

また、販売会社が株式会社トップダウンとなってますが、いろいろと調べててみたところ、これといった実績も何も出てこないし、住所は貸しオフィス、電話番号の記載もないので案件自体もまともでない可能性が高いです。

仮想通貨のビジネスモデル

現段階では仮想通貨で稼ぐシステムであること以外はわかりません。

そしてクラプト(CRAPTO)は

★完全無料
★経験やスキルもいらない
★リスクゼロ
★短期間で膨大な資金を得ることが可能

とのこと。

ここで、私が前述したことを見返してほしいのですが、金融取引は損をしてもあくまでも自己責任が前提です。仮想通貨という金融取引が前提なのに、ここで謳われている「リスクゼロ」なんて絶対にありえません。

この時点で私はアウトの判断を下します。情報弱者を食い物にする類だと断言します。

我々に怯えている??

送られてきた動画を見ていると、我々のような「叩きアフィリエイター」に対して騙されるなということをしきり言っています。

誤解しないで欲しいのですが、少なくとも私のブログのスタンスは良いものは良い、悪いものは悪い」であり、傾向としてネットビジネスにおける商材の多くが、悪徳・詐欺まがいの高額商品やセミナーを掴まされるものであることから、必然的に批判記事が多くなるわけです。

叩きアフィリエイターを目の敵にするということは、かえって本システムに自信がないことを露呈することにつながります。売り逃げしようという意図が丸見えに思います。

まとめ

本システムがどうだという前に、仮想通貨やFXなのど金融取引で資産形成を考えられている方は、上場企業や実績の高い会社に依頼することが一番です。

ネットによるオファーレターで仮想通貨やFXを誘導するものの大半は、信用できないものだと疑ってかかっても私は構わないと思ってます。

よってクラプト(CRAPTO)は「手を出すべき案件ではない」が結論です。

それでは今回はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。