救済馬券セオリーで稼げるのか?【藤崎優哉氏】的中率は?回収率は?口コミ。検証。レビュー。

ヒデtwoローザンヌです。

今回レビューするのは、藤崎優哉氏の救済馬券セオリーについてです。

この商材はいわゆるHwo toモノで、勝てる馬券の購入マニュアルといったところでしょうか。早速レビューをしていきましょう。

藤崎優哉氏とはいったい誰?

この商材の作成者である藤崎優哉氏ですが、調べてみたところ救済馬券セオリー以外は出てきませんでした。プロフィールを確認すると、

・零細企業に勤める薄給の45歳中年、妻と子供2人がいる

・競馬歴25年

・土日は競馬にのめり込み、その割には勝てずキャッシングで借金地獄

・連日の督促で妻とは別居

とか。ギャンブルで負のスパイラルに陥る典型的な道を歩まれているようです。

特定商取引法の表示について

いわゆるHow toモノの商材で、売価も9,800円と決まっていますので、表示そのものはきちんとしているようですが、販売者名が個人事業主で法人でない点、法人の場合はままあることであるけど、個人である販売者と作成者が違う点、住所が普通の民家である点が少し引っ掛かります。

藤崎優哉氏は負けから何を学んだのか。救済馬券セオリーの内容は?

競馬で負け続けて借金地獄に陥った藤崎優哉氏が、そこから学んだことは「競馬に必勝法はない」とのこと。

だだ、競馬のやり方を変えることで、だんだん負けが少なくなり勝率と回収率も上がってきたということらしいです。

それをHow toモノにまとめ売り出したのが、この救済馬券セオリーだということです。

セールスレターには、

・1日の全レース(12レース)うち、当てる自信が持てる数レース(3レースが基本)に絞って

・買う馬券種類は3連複(3頭の馬を選んで1着、2着、3着を順不同で当てる馬券)を買う。

のが基本だと書いてありました。

そして、効率的な買い目や買い方(ボックス、フォーメーション、流しなど)、買うためのファクター、騎手の傾向、レース展開などを多数のケーススタディを通じて、救済馬券セオリーで細かく説明する、となっています。

まとめ。

恐らく、藤崎優哉氏が長年の経験値によって勝率、回収率が上がる馬券の買い方をきちんと説明している商材なのは間違いないと思いますが、だからといって購入した方全員が稼げるかというのは疑問です。

再現性があるのかもよくわかりませんし、そもそも「競馬に必勝法はない」と藤崎優哉氏ご自身がおっしゃっているわけですから、救済馬券セオリーを購入して速攻で稼げるとは到底思えないです。

ギャンブル系の商材は、そのほとんどがHow toモノですが、その内容のほとんどが再現性が低く、買うだけ損とまず泣きを見ることになります。中にはオカルトチックなモノも多数ありますから手を出さないほうが無難です。大体、ギャンブルなんて瞬間的には稼げるときもありますが、長い目で見たら大損するのがオチです。

競馬が好きで色々な買い目や考え方、予想の視点を知りたい、という方にとっては参考に買ってみるというのもアリだと思いますが、私は9,800円を出してまで参考にしようとは思いません。買価を回収できるかどうかも疑問です。

よって、この商材は要注意商材とさせていただきます。

それでは今回はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。