ネットビジネス大百科2は稼げるのか?【和佐大輔氏】優良?悪徳?口コミ。検証。レビュー

ヒデtwoローザンヌです。

今回は和佐大輔氏のビジネス大百科2についてレビューします。

和佐大輔氏:ネットビジネス第一人者のお一人

和佐大輔氏といえば、ネットビジネスで成功したお一人として有名な方ですね。

中学生の時に不慮の事故に遭い半身不随になりながらも、高校時代に出会ったインターネットビジネスの魅力に惹かれ、18歳の時に会社を興してわずか1年で年商1億円規模に成長させたジャパニーズドリームの体現者です。

また、和佐大輔氏は、ネットビジネスで成功を夢見る幅広い年齢層の方々に対してたくさんの指導育成を行い、成功に導いている実績もある方です。

ハンディキャップがありながら、自分も成功し他人も成功に導いている方ですから、その能力と実力は素晴らしいものをお持ちの方だと容易に想像できます。

前作の「ネットビジネス大百科」はベストセラー商品

和佐大輔氏といえば、やはりネットビジネス大百科でしょう。

今から約10年前に発売されたこの商品は、当時悪徳商材がはびこっていた(これは今もですが・・・)インターネットビジネスの惨状を憂いていた和佐大輔氏が、正しいインターネットビジネスの在り方と正真正銘の成功を掴み取るための道筋を、和佐大輔氏が今まで積み上げてきたノウハウ、知識をすべてオープンにした渾身の商材で「日本一売れたインターネット商材」と言われています。

今回レビューする、ネットビジネス大百科2は、前作のネットビジネス大百科をよりグレードアップさせて、現在の市況においても十分対応できるような内容になっているとのことで、また、ネットビジネス大百科を使ったことがない方でも すんなりと入っていける内容だということです。

ネットビジネス大百科2の全容

私も早速購入してみました。購入といってもネットビジネス大百科2はなんと無料なのです。

実際の内容はというと、動画セミナー形式で

1.マインドセット

2.コピーライティング

3.マーケティング

4.コミュニティ化

5.集客

6.マネタイズ

という構成です。動画は各パート概ね1時間30分程度。

この動画セミナーをみての私の率直な感想は、これが無料なんて!ということです。非常に中身のある有意義な動画でした。

私も一応企業での管理職経験があるので、管理職研修とかでビジネス論やマーケティング論なんかを学んだことがありますが、ネットビジネス大百科2の内容は、管理職研修と勝るとも劣らない、いやそれ以上の内容だと思います。

わかりやすく中身が濃い・・・これがセミナーの鉄則ですが、その鉄則が生きていると私は感じました。

正直、稼ぐための即効性はあるか、ということになると答えはNOです。でも稼ぐための土台作りはしっかりと固めることができます。私も実践中ですから(笑)

それと「無料と謳って動画・・・」といえば、そう、カスタマーローンチではないか?と疑う方もいらっしゃるかもしれませんがご安心を。バックエンド高額塾、高額商材の誘導は一切ありませんから大丈夫です。

改めて「本当に無料?」

教材そのものは正真正銘無料です。ただ、教材をダウンロードするためには「和佐・木坂サロン」というコミュにログインする必要がありますが、このコミュは月々2,000円の使用料がかかります。

ただし、購入申し込み時から21日間は和佐・木坂サロンの使用料が無料ですので、その間に全教材をダウンロードしてコミュを解約してしまえば一切費用はかかりません。

ちなみに私は、月々2,000円払ってコミュを継続しています。和佐さんと木坂さんのネットビジネスに関するホットな情報がタイムリーにアップされるのでとても役立っているからです。月々2,000円だったら、ラーメンを2食分我慢すればなんとかなる金額ですからね(笑)

まとめ

今回初めて優良商材と認定させていただきます。

私の中で優良商材と判断する決め手は、

1.費用対効果がある

2.購入後のサポートが充実しており、かつサポートも無料もしくは低額である

3.購入前にむやみやたらに煽らない(過度なプッシュメール等がない)

を原則としています。

そして、ネットビジネス大百科2はこの3つ全部当てはまります。費用対効果は言わずもがな、実質無料商材で、中身の濃い内容を学べますし、サポート面では「和佐・木坂サロン」が月2,000円という低額であること、過度なプッシュメールも一切ありませんでした。

ビジネスはネットであれ非ネットであれ、安易に稼ぐことはできません。特にネットにおいては簡単に稼げると思いがちです。このネットビジネス大百科2は、ネットビジネスで稼ぐ領域は無限大にあるけれど、きちんとステップを踏んで正しいやり方で進めていかなければそう簡単には稼ぐことができない、ということを受け手にわきまえさせつつ、正しい稼ぎ方を伝授する、という商材だと思ます。私としては納得いく商材です。

それでは今回はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。