Wブロックトレーディングで100%勝てるのか?【カワセ係長】悪徳。詐欺。口コミ。評判。レビュー。

ヒデtwoローザンヌです。

今回はカワセ係長のWブロックトレーディングについてレビューします。

後を絶たないFX自動取引ツール

カワセ係長のWブロックトレーディングは、FX自動売買取引ツールです。
この手のオファーは本当に多くて後を絶ちません。

私のブログにおいて、金融取引の自動ツールについては全て否定的なレビューをしています。理由は、私がレビューした自動売買取引ツール全てに「儲かった」という評判をまったく聞かないからです。

では、カワセ係長のWブロックトレーディングはどうでしょうか。レビューを進めます。

特定商取引法の表示について

Wブロックトレーディングについての特定商取引法の表示ですが、色々と探してみても見当たりませんでした。

通常は、ランディングページにて価格表示がなされた時点で表示のページリンクがあるのですが、それもありません。カワセ係長の会員サイトおよびブログがあるのですが、そこにも表示はありません。

なお、ランディングページのフッターに記載されている合同会社ダブルロードについても調べてみましたが、HPもなく、設立が2015年10月で住所変更を2019年8月にしたということだけです。

特定商取引法の表示は法律上、通信販売にて商品を提供する者の義務ですから、表示がないのはあり得ません。恐らくどこかにはあると思いますが、恣意的に表示していないのか、表示ページをわかりにくくしているのか、いずれにしても極めて信頼度が落ちる行為です。

ダブルスチール投資法

カワセ係長は以前、ダブルスチール投資法という案件を出していますが、これも自動売買取引ツールです。

ダブルスチール投資法に関するレビューを見ても、好意的な評価をしているものはほとんどありませんでした。ということはおそらくWブロックトレーディングは、ダブルスチール投資法の焼き直しかリニューアル版だと思われます。

ところで、Wブロックトレーディングの取引手法は、スイングトレードを基本にしているようです。スイングトレードとは、数日間~数週間(数ヶ月)で売買を済ませてしまう短期売買のトレード方法です。

短期といってもスキャルピングのようなデイトレードよりも、大きく稼げるメリットがある分、テクニカルチャートによる分析や研究をしないとなかなか利益を出せないというデメリットがあります。

したがって分析や研究をしないと利益が出せないということは、自動取引にはあまり向かない手法と私は考えますのでお勧めしません。

まとめ

特商法の表示が見当たらないのに、価格は138,000円と高額です。返金保証をするといっていますが、実態があるのかないのかわからない販売会社ですから疑わしいと感じます。

また、余談ですが、カワセ係長は無料メルマガを紹介すると報酬をもらえるという、オプトインアフィリエイトをやってます。

オプトインアフィリエイトをやっている点でも私的にはマイナス評価。

私の判断は危険商材です。

それでは今回はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。