スイッチトレードで長期的安定収入は可能か?【柴垣光昭氏】悪徳。詐欺。口コミ。評判。レビュー。

ヒデtwoローザンヌです。

今回は柴垣光昭氏のスイッチトレードについてレビューします。

特定商取引法の表示からの考察

まず販売担当事業者である株式会社カーロットですが、企業HPを確認したところ株式投資教育、webマーケティングを主な事業としている会社のようです。運営責任者である榊原隆史氏は株式会社カーロットの代表取締役社長です。

表示内容も有料商材を提供するために必要な情報をきちんと掲載していますので、その点での安心感はあります。

特に高額商材になればなるほど表示内容を具体的にしておかないと、提供者も購入者もいらぬトラブルに巻き込まれることになりますので特商法の表示は重要となります。

柴垣光昭氏について

スイッチトレードの提供者である柴垣光昭氏についてですが、元証券マンで甲子園出場経験もあるそうです。

証券時代のトレーダー経験を軸に現在はオープンエデュケーション株式会社を設立し、投資家育成、資産運用アドバイス、個人投資家向けEラーニングを中心とした事業を展開されています。

著書もいくつか出されていますし、投資の教養というブログも運営されていますので、ご自身の素性を明らかにされている方ですから、その点は安心材料でしょう。

スイッチトレードの概要

さて、スイッチトレードの概要ですが、株式売買取引自動ツールとオンライン講座と柴垣光昭氏が主宰なったネットコミュニティ参加がセットになった金融系商材です。

株式売買の手法はドテン売買を基本とするものです。

ドテン(途転)とは、保有しているポジションを決済して、すぐに逆のポジションを持つ売買取引をいいます。グラフを見るとわかりやすいと思いますが「売ったらすぐ買う、買ったらすぐ売る」という二つの山で取引を繰り返しますのでドテン売買が上手くいくと、二重の利益を得ることができます。

しかし、ドテン売買が失敗するとその反対で往復ビンタといわれる二重損失を被ることになります。

よってドテン売買は一挙両得的な側面ある分、リスクも大きい。これを自動ツールで行うというのは危険な気がします。売り買いのタイミングは柴垣光昭氏の長年の経験と勘をAI化してサインを送るということのようですが、AIがうまく機能するかどうかの保証はありません。

私はリスキーなツールだと感じます。

まとめ

価格は銀行振込一括払いで240,000円(税込)、カード分割払いで最大268,000円(税込)とかなりの高額です。

ツール+オンライン講座+コミュニティ参加という点では、購入後のフォローはしっかりとしているものと思いますが、金融系のオファーで私が毎回必ずお伝えしているとおり、金融取引においての損失は自己責任が大原則であり、かかる費用と成果が必ずも一致するわけではありません。

その点を十分検討する必要があります。また、ドテン売買というリスキーな手法の取引が主体ですから、分割払いが出来るからといって安易に手を出すのは危険だと思います。

柴垣光昭氏のブログ・投資の教養から、投資に関する無料講座に申し込むことができるようなので、まずは無料講座を利用してみて購入を判断してもいいと思いますが、おそらくですが無料講座に申し込むと、最終的には有料講座に勧誘される可能性があるので、そのことを前提にしてください。

スイッチトレードに対する判断は選択慎重商材とさせていただきます。

それでは今回はこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。